朝ジムを11ヶ月間続けたので、メリット・デメリットを書いていく!

「仕事前にジムってどうなんだろ?早朝ジムのメリット・デメリットが知りたい!」

こんにちは!くりです。

ぼくは早朝ジムで筋トレをする「朝活」を続けて、約11ヶ月経ちました。

はじめは夕方にジムへ通っていたのですが、人の多さと夜の自由な時間が減るのがきつかったです。

ということで、早朝ジムに切り替えました。

すると早寝早起きの習慣ができたり、ほぼ貸し切りのジムで筋トレできたりとメリットがたくさん!

朝ジム、超おすすめです。

この記事では、早朝ジムのメリット・デメリットをご紹介した後、朝ごはんについて(タイミングなど)書いています。

記事を読み終えたら早速、朝ジムに行きましょう(`・ω・´)ゞ

※筆者は筋トレを2年以上続けています。
この背景を元に「早朝ジムを11ヶ月間続けたので、メリット・デメリットを書いていく!」を書いていきます。

早朝ジムのスケジュール

家とジムの位置や次の行動によって、早朝ジムのスケジュールは異なります。

例として、ぼく(大学生)のスケジュールをご紹介します。↓

4:00 起床
4:45 出発
5:00 ジム到着、筋トレ開始
5:30 筋トレ終了、高速でシャワー
5:45 バイトに行く

こんな感じ。ちなみに休息日は、カフェで本を読んでいます。

関連記事:【おすすめ】筋トレ初心者の1週間ジムメニューをご紹介します!

アルバイトも早朝バイトなので(朝好きすぎ!)、普通の朝ジムの方より時間は早め。

出社前に行く方は、このスケジュールに+2時間すれば、ちょうどいい感じだと思います。

※ビジネス街にあるジムでは、朝のシャワー室が混みがち。シャワー室の前でいらいらしている方をよく見ます。時間を多めに見たほうがいいでしょう。

早朝ジムのメリット

1.早寝早起きになる

一番のメリットは、早寝早起きになることだと思います。

早朝ジムをするのは、必然的に早く寝ることに。

ぼくは基本的には、22時に眠りにつきます。そして朝日を浴びなら、ヒューっとロードバイクをとばしてジムに行きます。

「早起きは3億の徳」と哀川翔さんも言っていました。

朝ジムのおかげで早寝早起きができて、健康的な生活を送れているなと。

2.利用者が少ない

朝のジム利用者は、かなり少ないです。

すでにジムに通われている方はご存知だと思いますが、

  • 日中:主婦の利用者
  • 夕方と夜:サラリーマンや学生

が利用しています。

朝と深夜以外の時間帯は、常に混んでいる印象

人が少ない時に利用するなら、早朝が一番現実的かなと思います。

ぼくの利用している平日朝5時は、全体で2~3人が多いです。土日5時だと0~7人と振れ幅が大きい感じ。

ジムのマシン待ちって、本当に嫌ですよね。待つのは気を使うし、待たれても集中できません。

早朝なら人が少ないので、全く気を使うことはなし。気軽に慣れないマシンに挑戦することもできます。

3.日中、背筋が伸びる

トレーニングで体を刺激すると、筋肉が張ります。そのおかげで背筋が伸びるので、姿勢がいい感じになります。

元々、ぼくは猫背で自信がなさそうに見えるのがコンプレックス。

しかし早朝ジムを習慣づけたところ、日中に「姿勢がいいね」と褒められるようになりました。

”人は見た目が100%”

ということで、確実に大きなメリットだと思います。

4.脳が起きる

会社や学校の前に運動をはさむことで、脳を起こしてから作業に取り掛かることができますね。

大学の一限は頭が寝ぼけていて、”教授の言うことが頭に入ってこない”なんてこともなくなります。これはすごい。

どうしても眠いときがあって、たまにベンチの上で停止することがあります笑。

そんな時は、EDMプレイリスト100を少し大きめに聞いています。

※怪我にはご注意を。

5.なんかカッコいい

ジムで筋トレしてから出社する人って、普通にカッコよくないですか?

NYのエリートビジネスマンみたい笑。(海外ドラマの見すぎ?)

アメリカのジムで、最も混雑する時間は朝7時だそうです。

港区三田にあるジムへ行った時、パツパツのシャツを着た若いサラリーマンが、颯爽とジムから出社している姿は本当にカッコよかったです。

その時、女性も結構いたので驚きました。

筋トレする人は仕事ができる、なんて話は本当かもしれません。

6.ジムに行きやすくなる

最後のメリットは、「ジムに行きやすくなる」でした。

ぼくは1年間、週5筋トレをほぼサボらずに続けたのですが、それは早朝ジムだったからだと思います。

ジムに行くのが習慣化していました。

朝起きてジムに行く時の流れは、

起床→朝ごはん→ジム

になります。

この流れは短いので、変な邪念が発生しないんです。

「今日は疲れたからいいか…」
「めんどくさいな…」

というネガティブな発想はほとんど夕方か夜で、朝からはあまりないですよね。

なので朝ジムをすると、ジム通いをサボらなくなります。

これは大きなメリットだと思います。

早朝ジムのデメリット

1.早寝早起きをしなければならない

早朝ジムの生活にすると、強制的に早寝早起きをしなければいけません。

なので夜の予定を入れられず、早く布団に入ることになります。

ぐだぐだ起きていると睡眠時間が減り、翌日は睡眠不足でイラつくことになるので注意。

もしダイエット目的でジムに行くのなら、トレ前に「グリコ エキストラバーナー」をおすすめします。トレ前に飲むだけで脂肪燃焼の効果を高めてくれます。

これを飲んで有酸素運動をすると、発汗量が半端ない。

ガルシニア成分とカフェインの最強タッグで、脂肪燃焼を加速してくれます。さらにガルシニアは空腹感を抑える効果があり、空腹でイラつくことがほぼなくなりました。(飲んだ日だけ)

トレ前に飲むだけでこの効果なので、無理せず痩せたい方におすすめです。

関連記事:3ヶ月で5kg痩せるためにやった5つのこと(無理しないダイエット)

そしてカフェインも含まれているので、朝の眠気も吹き飛ばしてくれますよ。

2.筋トレに疲れて、日中に影響する

朝からジムで筋トレをすると、疲れてからスタートになります。

ぼくはジムで筋トレをしてから、スーパーのバイトに行っていました。

そこで出勤前、ロッカールームまでの階段に登るときにゼーゼーハーハーで、

「うわっ、働いてないのに疲れてるっ!」

と、自分に驚いていました。笑

これの解決方法は…、ないですね。

頑張るしかないです。いっぱい食べてよく寝ましょう。

3.朝なのに時間がかかる

これは仕方のないことなのですが、ジムに行くのは時間がかかります。

  • 準備をする
  • ジムに行く
  • 着替える
  • トレーニングをする
  • シャワーを浴びる
  • また着替える

普通に時間がかかりますね。

夕方ならジム後の予定はなく、ゆっくりと時間を使うことができます。

ただ朝なら、その後仕事や学校があるので、すべて急いで行動しなければいけません。

ぼくもかなり急いで準備をして、筋トレして、シャワーを浴びてました。ジムに行ってたから遅刻、なんてことはできませんし。

その代わり切羽詰まった状況だからこそ、遅刻など一切しませんでした笑。

人間緊張感を持ったほうが、しっかり動けます。

朝ジムの朝ごはん、タイミング

「朝にジム行きたいけど、朝ごはんはいつ食べればいいんだろう?」

と過去のぼくは悩んでいました。

同じ疑問をお持ちの方に向けて、ここでぼくの一例をご紹介します。

朝ジムの朝ごはん

ぼくの朝たべるものはこんな感じです。↓

朝ごはん:餅2つ+プロテイン
トレ中:BCAA+マルトデキストリン
トレ後:プロテイン

人それぞれだと思いますが、少食のぼく的にこのメニューが力を持続できます。

ぼくの場合、3時間のバイトだけだったので、トレ後はプロテインのみ。

しかし出社前の方は、しっかりと食べないと日中の活動に影響がでます。コンビニで調達したりして、筋トレ後の食事でエネルギーを取り込みましょう。

※個人差があるので、色々試して自分に合う朝食を見つけることをおすすめします。

朝食べずに運動をするのはとてもリスキー。

寝起きは飢餓状態で水分も失われています。なのでしっかり食べてからトレーニングをしましょう。

こちらの記事もどうぞ。↓

・人気のプロテイン10個に厳選!おすすめプロテインや基本知識まとめ

・ジムの飲み物はBCAAがおすすめです!【脱初心者】

まとめ:朝ジムはメリットだらけで超おすすめ!

この記事は「早朝ジムを11ヶ月間続けたので、メリット・デメリットを書いていく!」について書きました。

11ヶ月続けてわかったことは、早朝ジム生活は案外快適です。

なにより、朝から体を動かすと、精神的にスッキリできる気がします。

メリットたくさんの早朝ジム、ぜひ一度お試しください。

良いジムライフを。

kuri

kuri

くり、24歳。
ジムで筋トレを始めたら、人生好転しました。
目指せ、一億総筋トレ社会。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す