≫おすすめのプロテイン3選

ジムをさぼるなら、休もう

「またジムさぼっちゃった…、これでいいのかな…?」

こんにちは!くりです。

ジム通いは結構きついので、さぼりたくなるもの。

ぼくも2回挫折したことがあります!

今でこそ2年ほど続けられていますが、過去は挫折しまくりです。

そこで、

ジムをさぼるなら休みましょう

ということを書いていきます。

※筆者は筋トレを一年以上続けています。
この背景をもとに「ジムをさぼるなら、休もう」を書いていきます。

ジムをさぼるなら休もう

ジム通いは結構大変です。

歩いて5分のところにあれば通うのもラクですが、たいていは自転車で行ったり、帰宅途中に電車から降りてジムに行ったり。

「今日は疲れたな…ジムどうしよう」

と何度も悩むことがありました。

そして休日、

「今日の夕方、ジムに行くぞ!」

と張り切っても、午後になると、

「まだ疲れているし…、まあ今日はいっか」

と諦めていることも多いかと。

ここで悪影響なのは、自分で立てた目標を達成していないことです。

そして小さな失敗をしています。

小さな成功体験の積み重ねで自信につながる、とよく言われますが、「小さな失敗体験を積み重ねる可能性もある」ということです。

つまりジムに行こうとして、やっぱりやめたと決めてしまうと、その度に小さな失敗を積み、自尊心が失われていくことに。

自尊心は自分を支える柱でもあるので、この状態は激ヤバだと思います。

疲れたら休もう

もしジム通いに疲れたら、ジムを休会すればいい感じです。

休会できないなら、思い切って退会しちゃいましょ。

週1~2回で月会費を払うのももったいないです。最寄りにある公共の体育館でも筋トレやランニングはできます。

またやりたくなったら、再開すればいいです。

そして他のことに打ち込もう

ジムを退会したら、また他のことを始めることをおすすめします。

なぜならジム挫折で自尊心を失っているから。

小さな失敗体験は、小さな成功体験でカバーできます。

仕事、英会話、ランニング、インスタ、資格の勉強など色々ありますね。

それらに打ち込んで成功したら、また新しいことを始められます。

ジムに熱中できる時は、いづれ来る

世界仰天ニュースで、ダイエット特集がよく組まれていました。(今も?)

100kg超えの女性が上司にバカにされ、痩せることを決意。見事、50kg以上のダイエットに成功しました。

こんなエピソードを何度も見ましたが、誰しもが劣等感からロケットスタートをしています。

「ああ、痩せようかな、、」なんて決意では、ジム通いを続けることは難しいと思います。

「誰かを見返したい」
「バカにされて悔しい」

などの劣等感があれば、高確率で続くのだと。

ぼくがジム通いを続けられた理由

ぼくは約2年ほど、ジム通いを続けています。ほぼ週5です。

そこまで継続できている理由は上と同じで、強い劣等感があったから。100%自分のせいで、何もかも失いかけていた時期がありました。

そこで出会ったのが、筋トレ。

「自信を手に入れるなら筋トレしよう」という記事を読んだのです。

今までもネットに触発されて、筋トレをはじめたことはありましたが見事に挫折。

しかしこのときは、猛烈な劣等感を持っていたので、筋トレを続けることができました。筋トレにしがみついた感じです。

重い鉄の塊を持ち上げるごとに、小さな成功体験を積み、やがて自尊心は回復できました。

つまり大きなキッカケがないと、ジム通いは難しいということ。

人間ですから、たぶんいづれ大きなキッカケがやってきます。

そこで継続できれば、万々歳です。

ジムをサボるなら休もうまとめ

この記事は、「ジムをさぼるなら、休もう」を書きました。

ジムをサボり自尊心を失うなら、いっそのこと辞めちゃいましょう。

そして、新しいことに打ち込めば最高です。いつかまた筋トレもできれば、遠回りですが、終わりよければすべてよしという感じで。

ゆっくり進んでいきましょ。

関連記事

コメントを残す