ジムを見学する時の服装、必要なもの、チェックポイントなどまとめ!

「ジムの見学、緊張するな…、何するんだろう?あと準備することはあるの?」

こんにちは!くりです。

ジムに入会するときに、まずやることは見学です。

ぼくもジムを見学をする時に、何をするのか分からず、とにかく不安と緊張でやばかったです…。

そこで!過去のぼくのような方に向けて、

  • ジム見学の予約方法
  • 見学の準備
  • 見学中のチェックポイント7つ

をご紹介します。これを読めば、ジム見学のことが全てわかります。

※筆者はジム筋トレを2年以上続けています。
この背景をもとに「ジムを見学する時の服装、必要なもの、チェックするポイントなどまとめ!」を書いていきます。

ジム見学の予約方法

まずはジムの公式サイトから、見学の予約をしましょう。

たとえばエニタイムフィットネスなら、ネット上で見学予約ができます。↓

電話でも見学の予約はできますが、ネット上のほうが時間がかからずスムーズ。手間も増えるので、ネット予約をおすすめします。

あと予約なしの飛び込みで行っても、スタッフさんがいる時間帯なら見学できると思います。

しかし、忙しい状況だと対応できません。スムーズに進めるためにも事前予約をしたほうが良いでしょう。

ジムの見学って何するの?

「実際ジムの見学って何するの?」

と過去のぼくも不安に思ってました。

実際行ってみると大したことはなく、普通に説明を受けるだけです。

ぼくが見学した時は、こんな流れでした。↓

  • スタッフさんにマシンやロッカー、更衣室など説明してもらう
  • 会費や規則を確認する
  • そのまま入会へ

もちろん、当日入会せずに帰っても大丈夫。

ジム見学では、スタッフさんがやさしく誘導してくれます。自分でやることは一切なし。

なので、緊張する必要はありませんね。

ジム見学の準備3つ

ここでは、ジム見学前に知るべきこと3つをご紹介します。

1.ジムの見学する服装

ジム見学は、私服で大丈夫です。スポーツウェアは必要なし。

ぼくはステンカラーコートとデニムで行きました。見学なので見るだけ。その日の格好は関係ありません。

ただ体験も兼ねているのなら、スポーツウェアも用意しましょう。

関連記事:ジムの服装は「Tシャツ+ハーフパンツ」がおすすめです!

ぼくの時は、見学+入会契約で一日、そして別の日に初回体験をしました。

初回体験では体重や筋肉量を測ったりします。

※追記:これジョイフィットだけでした。↑

エニタイムフィットネスに入会したときは、

  • 見学
  • 入会
  • 当日から利用

を一日でこなしました。

とはいえ、店舗ごとによって違うと思います。もし不安なら、店舗に確認をいれると安心かなと。

2.ジムの見学に必要なもの

ジム見学で必要なものは、特にありません。

手ぶらでオッケーです。

※当日体験、利用をするなら、ジムの持ち物を揃えておきましょう。

関連記事:ジムの持ち物はこれだけです!【絶対必要なものは7つ】

ただぼくは、ジムの選択肢がそこしかなかったので、入会するつもりで行きました。なので契約に必要な身分証や、キャッシュカードなどを持っていきました。

入会に必要なものは、スポーツジムの公式HPに書いてあります。事前に確認しておきましょう。

※後日入会はめんどくさいので、見学後すぐに手続きをしたいところ。

なので契約に必要なものは、ちゃんと揃えておいたほうが良いかと。

ぼくは入会する時、身分証が見つからず、「うわ、まじでめんどくさ…」と絶望しました。探したら見つかったので良かったのですが。

”買った家電は当日に持ち帰りたい”理論と同じだと思います笑。

3.ジムを見学しないで入会ってどうなの?

正直、やめたほうがいいです。

ジムは見学してから、入会するか決めましょう。

というのも、ぼくがジムを選ぶ時、

「筋トレできるならどこでもいいでしょ、見学するのめんどくさいし」

と思い、見学なしで近所のエニタイムフィットネスに入会しました。

そして朝8時にジムへ行くと、まさかの混雑。

「前のジムは、この時間混んでなかったのに」
「てか、思ったより狭いな…」

と見学せずに決めたことを、やっと後悔しました。

そのジムに2ヶ月ほど通ったのですが、混雑と狭さでやめようかと考えました。しかしそこで相互利用制度を思い出し、他店に移りました。

あとで後悔しないためにも、見学をしてから入会するか決めることをおすすめします。

ジムの見学でチェックするポイント

ここからは、ジム見学でチェックするポイントを書いていきます。

ぼくは他店舗利用制度を使い、15個以上のジムを見てきました。その経験を生かして解説していきます。

1.営業時間

営業時間は大事です。

ぼくがおすすめなのは、エニタイムやジョイフィットなどの24hジム。ジム利用の客が全時間帯にバラけてくれるので、混雑は少ない気がします。

関連記事:【東京都内】24時間営業のスポーツジムおすすめ9選をご紹介します!

2.会費

会費もしっかり確認しておきましょう。

相場は月々7,000~11,000円くらいな気がします。

都心から離れていくほど安くなりますね。

関連記事:スポーツジムの月額料金の相場はいくら?【約8,300円】

3.清潔感・開放感

これ、かなり重要だと思います。

清潔感と開放感があるかないかで、モチベーションはかなり変わります。

  • シャワー室が掃除されているか
  • マシンは清掃されているか
  • 窓は大きいか
  • 更衣室にゴミは落ちていないか

などをチェックしましょう。

都心の店舗は、開放感は諦めたほうがいいかもしれません。

ぼくはジョイフィットに通っていたのですが、乃木坂店の狭さにはびっくりしました。(あれは毎日行くのはきつそう…)

住宅が多い地域のスポーツジムは、広くて清潔感のあるところが多い印象です。

4.客層・混み具合

自分が行くことになる時間帯に、見学することをおすすめします。

その時に客層や混み具合をみることができます。

若い人が多いほうが、モチベーションが上がるかなと。年齢層が高いほど、おしゃべりしている姿を見るのでおすすめできません。

やはり混んでいない時にトレーニングをやりたいですよね。

ぼくが筋トレ初心者の頃は、なんとなく恥ずかしい気持ちがあり、早朝のジムに通っていました。朝のジムは、あまり人がいないのでおすすめですよ。

関連記事:早朝ジムを11ヶ月間続けたので、メリット・デメリットを書いていく!

5.マシンの年季具合

マシンの年季具合もチェックしておきましょう。

古いマシンだったら「壊れそうで危ない」とかではなく、「持つところがべたべたする」んですよね…。拭いてもふいても。

ラベルが薄れていたり、マシンに付いたシールが剥がれ気味なやつは古いです。

何箇所もジムに行って気づきました。たぶんこの法則で当たります笑。

6.家との距離

ジム選びでいちばん大事なのは、家との距離です。通いやすさですね。

徒歩圏のジムがあるなら、そこに決めましょう。

自転車もオッケーで、電車はぎりきついかなと。いちいちジムに行くために電車に乗るのは、道のりだけで一苦労です。

ぼくはジムの継続できるかどうかは、”通いやすさ”にあると思っています。

関連記事:ジムの選び方【必ず確認すべきポイントは1つだけ】

7.知り合いがいるかどうか

これは確認できませんが、知り合いがいるかどうかも知りたいところです。

「お~このジムに通ってるんだ!」という関係ならいいですが、「あ~、このジムに通ってるんですね…」みたいなら微妙ですよね。

でも、確認する方法が見つからないのであれなんですけど。

これは運に任せるしかないです。

まとめ:とにかく見学に行こう!

この記事は「ジムを見学する時の服装、必要なもの、チェックするポイントなどまとめ!」を書きました。

色々書きましたが、気楽にサクッとジムに入会しましょう。

そして、筋トレを継続です。

良いジムライフを!

関連記事

総合型か24時間、どちらのジムのほうがおすすめ?

関連記事

コメントを残す