ジムで使えるドリンクボトルおすすめ10選!【筋トレにも最適】

「ジムで使えるドリンクボトルを探してる!おすすめはないかな?」

こんにちは!くりです。

ジムの持ち物で必須なのは、飲み物

そしてボトル(水筒)が必要です。

ボトルは色々な種類があるので、ここで特徴別にまとめています。↓

  • 500ml(ベーシック)
  • 大容量(1000ml、1.5L)
  • 洗いやすい
  • 直飲み
  • 保温
  • 折りたたみ
  • おしゃれ

ぼくが筋トレ中に使っているものも紹介します。

ボトル選びに参考になるかと!

この記事は、「ジムで使えるドリンクボトルおすすめ10選!【筋トレにも最適】」を書いていきます。

ジムで使えるボトルおすすめ10選|筋トレ用ドリンクにも最適

ジムで使えるおすすめボトルを特徴別にまとめています。↓

1.500ml(ベーシック)

キャプテンスタッグ|スポーツボトル

ぼくが使っているキャプテンスタッグのボトル。

全体がスリムで持ちやすく、そして食洗機に入るのがグッド。クリアな見た目でおしゃれさもありです。しかもキャンプ用?なので、人と被りません。(もし被ると、疲れてふらふらになった人に飲まれるかも)

KINTO|ウォーターボトル

KINTOのウォーターボトルです。

クリアな見た目でおしゃれ。プラスチック素材でできていて、食洗機OKなのも魅力的です。

上部に輪がかけられているので、指一本でラクに持ち上げることもできます。

2.大容量(1000ml、1.5L)

パール金属|水筒 1000ml

あのパール金属が発売する、1000mlのボトル。

持ちやすいように、ボトルが湾曲しているのがグッドです。

色はクリア・グレー・グリーン・ブルー・ピンクの5種類から選ぶことができます。

nalgene|カラーボトル1.5L

シンプルなボトルを70年以上作り続けている、「ナルゲン」が発売するトライタンボトル。

1.5Lだけではなく、1L、500mlなども揃えています。

「ナルゲン」は元々研究室用のボトルを作っていて、丈夫さ故にそれをアウトドアに持ち出したのが、一般向けになったキッカケだそうです。

3.洗いやすい

シービージャパン|SANTECO

シービージャパンのスポーツボトルです。

ボトルが3つに分解できて、本体の口が広いのでスポンジで洗いやすい。

おしゃれな見た目は、フランス人デザイナーによって手掛けられています。

グロング|プロテインシェイカー

グロングの600mlプロテインシェイカー。

口が広く、洗いやすい。プロテインシェイカーは基本的に洗いやすくできています。この見た目なら、ジムで水筒として持っていけますね。

そしてなんと8色から選ぶことができます。

4.直飲み

ゴールドジム|スクイズボトル

ゴールドジムが販売する、1Lスクイズボトルです。

スクイズボトルなので、本体を握ると中身が出てきます。なので疲れた体でも飲みやすいです。

5.保温

RED EARTH|530ml 真空断熱ボトル

RED EARTHの真空断熱ボトルです。

12時間の保温、24時間の冷蔵効果を持ちます。

オシャレな見た目で、指一本で持ち上げられるデザイン。

6.折りたたみ

Beincamp|折りたたみボトル 600ml

Beincampの折りたたみボトル。

飲み終わったら、1/5のサイズに小さくすることができます。

7.おしゃれ

KollyKolla|ステンレスボトル

KollyKollaのステンレスボトルです。

この見た目で、まさかの魔法瓶。12時間の保温と、24時間の冷蔵効果を持ちます。

ほかにも様々なカラーを揃えているので、興味のある方は覗いてみてください。

ジムで使えるおすすめドリンクボトル まとめ

この記事は、「ジムで使えるボトル(水筒)おすすめ10選!」を書きました。

いろいろなボトルがありますね。

個人的には、ぼくが使っているキャプテンスタッグのものがおすすめです。

お気に入りのボトルを使って、ジムに行くテンションを上げましょう。

良いジムライフを!

・ボトルを洗うブラシも一緒にどうぞ。↓

※余談ですが、トレーニーなら手洗いより、食洗機導入をおすすめします。

毎日ボトルやプロテインシェイカーの手洗いのめんどくささから開放されます。これを導入して後悔している人を見たことがないほど便利なので、強くおすすめ。ストレスが激減します。

>>「ジムの持ち物」に戻る


カテゴリー:

おすすめのプロテイン

筋トレをしたら、30分以内にプロテインを飲みましょう!

50種類のプロテインを飲んできた筆者が、プロテイン初心者におすすめを紹介します。

\CHECK NOW/

このサイトを運営している人
kuri

kuri

くり、会社員。
ジムで筋トレを始めたら、人生好転しました。
目指せ、一億総筋トレ社会。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す