筋トレ後にアルコールを飲んだら、筋肉痛が治らなかった【理由を解説】

こんにちは!くりです。

先日、友人と久しぶりに会い、居酒屋でビールをたくさん飲みました。

そして翌日、筋肉痛で痛すぎてびっくり!

アルコールは超回復を遅らせる力があるのですね…。

今回は、筋トレとアルコールについて深堀りしていきます。

※筆者は筋トレを2年以上続けています。
この背景を元に「筋トレ後にアルコールを飲んだら、筋肉痛が治らなかった【理由を解説】」を書いていきます。

筋トレ後に飲酒をしてみた結果

午前中にジムで筋トレをして、ダンベルカールなどで上腕筋を追い込みました。

それから夜に久しぶりに友人と会い、居酒屋ではしゃいでしまいました。会話が盛り上がるにつれてお酒がすすみ、最終的にはビール6杯は飲むことに。

そして次の日、なんかすごく上腕筋が痛い…。

筋トレをして、筋肉痛になることは多々ありますが、「少し痛いな」くらいです。

しかし今回は「いたたたた…」という感じで、筋肉痛で物事にとりくむのが面倒になるくらいでした。

ジムの通い始め以来の、大きな筋肉痛です。

その日は一日中、筋肉痛は回復せず。あーやっちまったな、という感想です。

その次の日にはいつもくらいの筋肉痛になり、飲酒から3日後にやっと治りました。

なぜ筋肉痛の回復が遅れたのか

なぜ筋トレ日に飲酒をすると、筋肉痛の回復が遅れたのでしょうか。

その答えがこちらです。↓

肝臓がたんぱく質を消費した

アルコールを代謝するために、肝臓がたんぱく質を消費します。

そして筋トレで傷んだ筋肉質を回復させるたんぱく質を、アルコール分解に使ってしまいます。

なので今回のぼくのように超回復が遅れて、筋肉痛が治らなくなります。

この理由から、

「もっとたんぱく質を摂取すれば、超回復をスムーズに行えるのでは?」

と思い、はしごの途中でコンビニによって、ザバスのミルクプロテインを買って飲むようになりました。笑

帰宅してからも、一回分のプロテインを飲んでいます。

これは効果があるのか定かではありますが、飲まないよりはマシかなと笑。

その他アルコールが筋肉に与える悪影響

1.飲酒でテストステロンが減少する

「テストステロン」とは、ホルモンの一種で、たんぱく質を筋肉に変化させる働きがあります。

しかし飲酒をしてしまうと、「テストステロン」の分泌量が減少してしまいます。なので筋肉への変化が遅くなるのですね。

2.コルチゾールが分泌される

「コルチゾール」とは、アルコール摂取により分泌される成分で、血糖値を変化させます。

そして糖を発生させるために、筋肉を分解させる作用があるのです。

なので筋肉量の低下に繋がります。

まとめ:筋トレ好きなら、お酒を控えめに

この記事は「筋トレ後にアルコールを飲んだら、筋肉痛が治らなかった【理由を解説】」について書きました。

この事件から、ほぼお酒を飲まなくなりました。少し残念ですが、飲酒代が減ったので嬉しい誤算です。

お酒を飲まなくてはいけない時もあるので、その日は筋トレを控えています。

とにかく筋トレ+飲酒を同じ日にしてはいけない、ということですね。

もし飲みたい場合は、ホッピーがおすすめです。普通に美味しいですよー。

ではでは。

関連記事

【おすすめ】筋トレ初心者の1週間ジムメニューをご紹介します!

プロテインの基本知識6つ!【初めて飲む前に知りたい】

関連記事

コメントを残す